Brooklyn Method Entry 020 / Speaking Training Course

ターゲットを表現する – 音とインプレッションで覚えるブルックリンメソッド

Exercise 1 音を真似ましょう

1.学校まで歩く。


2.その会社で仕事をする。


3.彼と遊ぶ。


4.彼女のことを話す。


5.近くまで来る。


6.彼の話を聞く。


7.情報を探す。


8.あなた抜きで行く。


9.騒音に不満を言う。


10.街をドライブする。


Exercise 2 音をできるだけ似せましょう。

英語の音は日本語よりも音量差があります。
10段階のボリュームで
ピンクの音をボリューム10
その他の音をボリューム1にするくらいの感覚で音量差をつけましょう。

アルファベット表記されている音の出し方
Rは舌を後ろに上げる音
Lは舌先を前歯の後ろにつける音
gは”ぐ”から”う”を省いた音
mは”む”から”う”を省いた音
nは “ん”+ “ぬ”から”う”を省いた音
sは”す”から”う”を省いた音
zは”ず”から”う”を省いた音
pは”ぷ”から”う”を省いた音
c,kは”く”から”う”を省いた音
bは”ぶ”から”う”を省いた音
dは”だ”から”あ”を省いた音
chは”ち”から”い”を省いた音
thは舌先と前歯の間から空気を出す音
th#は舌先と前歯の間から空気を出さずに振動させる音
fは下唇と前歯の間から空気を出す音
vは下唇と前歯の間から空気を出さずに振動させる音


1.うぉーk とぅthだ sーうL


2.Rk fふぉRthだ んぱにい


3.pい うぃthどぅ m


4.おかばう tR


5.まRあうんthだ おRなR


6.sんとぅ m


7.っく fふぉthでぃんfふぉR めいしょんn


8.う うぃthだうっ 


9.かんpいんな うthだ のーいz


10.dRあいゔぁ うんthだ すぃてぃ


Exercise 3 シーンに合わせて音をだしましょう。

1.学校まで歩く。


2.その会社で仕事をする。


3.彼と遊ぶ。


4.彼女のことを話す。


5.近くまで来る。


6.彼の話を聞く。


7.情報を探す。


8.あなた抜きで行く。


9.騒音に不満を言う。


10.街をドライブする。


Phrase in English

1.walk to the school.


2.work for the company.


3.play with him.


4.talk about her.


5.come around the corner.


6.listen to him.


7.look for the information.


8.go without you.


9.complain about the noise.


10.drive around the city.


Exercise 4 音とイメージでトレーニング

音をきいてイメージしながら音を出しましょう。

日本語訳や英語のスペル、アルファベットを頭で考えないようにしましょう。

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


1.学校まで歩く。


2.その会社で仕事をする。


3.彼と遊ぶ。


4.彼女のことを話す。


5.近くまで来る。


6.彼の話を聞く。


7.情報を探す。


8.あなた抜きで行く。


9.騒音に不満を言う。


10.街をドライブする。


Exercise 5 動画でトレーニング

音をきいてイメージを見ながらフレーズを練習しましょう。

日本語訳や英語のスペル、アルファベットを頭で考えないようにしましょう。

練習用音声

フレーズが連続して再生されます。日々の練習用にお役立てください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。