Brooklyn Method Entry 019 / Speaking Training Course

Yes or Noを尋ねる2 – 音とインプレッションで覚えるブルックリンメソッド

Exercise 1 音を真似ましょう

1.これは懐っこいですか?


2.それは美味しいですか?


3.あれは簡単ですか?


4.これは本当でしたか?


5.それは柔らかかったですか?


6.それは小さかったですか?


7.これらは新鮮ですか?


8.それらは辛いですか?


9.あれらは安全ですか?


10.これらは人気でしたか?


11.それらは安かったですか?


12.あれらは有名でしたか?

Exercise 2 音をできるだけ似せましょう。

英語の音は日本語よりも音量差があります。
10段階のボリュームで
ピンクの音をボリューム10
その他の音をボリューム1にするくらいの感覚で音量差をつけましょう。

アルファベット表記されている音の出し方
Rは舌を後ろに上げる音
Lは舌先を前歯の後ろにつける音
gは”ぐ”から”う”を省いた音
mは”む”から”う”を省いた音
nは “ん”+ “ぬ”から”う”を省いた音
sは”す”から”う”を省いた音
zは”ず”から”う”を省いた音
pは”ぷ”から”う”を省いた音
c,kは”く”から”う”を省いた音
bは”ぶ”から”う”を省いた音
dは”だ”から”あ”を省いた音
chは”ち”から”い”を省いた音
thは舌先と前歯の間から空気を出す音
th#は舌先と前歯の間から空気を出さずに振動させる音
fは下唇と前歯の間から空気を出す音
vは下唇と前歯の間から空気を出さずに振動させる音


1.いzthでぃs fRえんdりい?


2.いずぃっ いすてぃ?


3.いzthだっ ーずぃ?


4.わzthでぃs tRう?


5.わずぃっ ft?


6.わzthだっ sもーL?


7.Rthでぃーz fRえsh?


8.Rthでい sぱいすぃ?


9.Rthどうz いf?


10.わRthでぃーz ぴゅらR?


11.わRthでい ーp?


12.わRthどうz fふぇいまs?


Exercise 3 シーンに合わせて音をだしましょう。

1.これは懐っこいですか?


2.それは美味しいですか?


3.あれは簡単ですか?


4.これは本当でしたか?


5.それは柔らかかったですか?


6.それは小さかったですか?


7.これらは新鮮ですか?


8.それらは辛いですか?


9.あれらは安全ですか?


10.これらは人気でしたか?


11.それらは安かったですか?


12.あれらは有名でしたか?

Phrase in English

1.Is this friendly?


2.Is it tasty?


3.Is that easy?


4.Was this true?


5.Was it soft?


6.Was that small?


7.Are these fresh?


8.Are they spicy?


9.Are those safe?


10.Were these popular?


11.Were they cheap?


12.Were those famous?

Exercise 4 音とイメージでトレーニング

音をきいてイメージしながら音を出しましょう。

日本語訳や英語のスペル、アルファベットを頭で考えないようにしましょう。

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


1.これは懐っこいですか?


2.それは美味しいですか?


3.あれは簡単ですか?


4.これは本当でしたか?


5.それは柔らかかったですか?


6.それは小さかったですか?


7.これらは新鮮ですか?


8.それらは辛いですか?


9.あれらは安全ですか?


10.これらは人気でしたか?


11.それらは安かったですか?


12.あれらは有名でしたか?

Exercise 5 動画でトレーニング

音をきいてイメージを見ながらフレーズを練習しましょう。

日本語訳や英語のスペル、アルファベットを頭で考えないようにしましょう。

練習用音声

フレーズが連続して再生されます。日々の練習用にお役立てください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。