Brooklyn Method Entry 010 / Speaking Training Course

物を表現する – 音とインプレッションで覚えるブルックリンメソッド

Exercise 1 音を真似ましょう

1.これは犬です。


2.それは猫です。


3.あれは馬です。


4.これらはうさぎです。


5.それらは魚です。


6.あれらは鳥です。


7.これは高価でした。


8.それは綺麗でした。


9.あれは新しかった。


10.これらは重かった。


11.それらは空だった。


12.あれらは人気でした。

Exercise 2 音をできるだけ似せましょう。

英語の音は日本語よりも音量差があります。
10段階のボリュームで
ピンクの音をボリューム10
その他の音をボリューム1にするくらいの感覚で音量差をつけましょう。

アルファベット表記されている音の出し方
Rは舌を後ろに上げる音
Lは舌先を前歯の後ろにつける音
gは”ぐ”から”う”を省いた音
mは”む”から”う”を省いた音
nは “ん”+ “ぬ”から”う”を省いた音
sは”す”から”う”を省いた音
zは”ず”から”う”を省いた音
pは”ぷ”から”う”を省いた音
c,kは”く”から”う”を省いた音
bは”ぶ”から”う”を省いた音
dは”だ”から”あ”を省いた音
chは”ち”から”い”を省いた音
thは舌先と前歯の間から空気を出す音
th#は舌先と前歯の間から空気を出さずに振動させる音
fは下唇と前歯の間から空気を出す音
vは下唇と前歯の間から空気を出さずに振動させる音


1.thでぃすぃざ おg


2.つぁ きゃあt


3.thつぁ ほおRs


4.thでぃーざR Rあびっつ


5.でいR fふぃsh


6.thどうざR Rz


7.thでぃすわz いksんすぃv


8.いっわz cーんn


9.thだーっわz にゅ


10.thでぃーzわR ゔぃ


11.thでいわR んpてぃ


12.thうずわR ぴゅらR


Exercise 3 シーンに合わせて音をだしましょう。

1.これは犬です。


2.それは猫です。


3.あれは馬です。


4.これらはうさぎです。


5.それらは魚です。


6.あれらは鳥です。


7.これは高価でした。


8.それは綺麗でした。


9.あれは新しかった。


10.これらは重かった。


11.それらは空だった。


12.あれらは人気でした。

Phrase in English

1.This is a dog.


2.It’s a cat.


3.That’s a horse.


4.These are rabbits.


5.They are fish.


6.Those are birds.


7.This was expensive.


8.It was clean


9.That was new.


10.These were heavy.


11.They were empty.


12.Those were popular.

Exercise 4 音とイメージでトレーニング

音をきいてイメージしながら音を出しましょう。

日本語訳や英語のスペル、アルファベットを頭で考えないようにしましょう。

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


1.これは犬です。


2.それは猫です。


3.あれは馬です。


4.これらはうさぎです。


5.それらは魚です。


6.あれらは鳥です。


7.これは高価でした。


8.それは綺麗でした。


9.あれは新しかった。


10.これらは重かった。


11.それらは空だった。


12.あれらは人気でした。

Exercise 5 動画でトレーニング

音をきいてイメージを見ながらフレーズを練習しましょう。

日本語訳や英語のスペル、アルファベットを頭で考えないようにしましょう。

練習用音声

フレーズが連続して再生されます。日々の練習用にお役立てください。


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。